オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンオイルの話
エンジンオイルには色々な種類があるんです。
知っていましたか?


まず、大きく分けると「2サイクルエンジン用」「4サイクルエンジン用」となり、現在では「4サイクルエンジン用が主流となっています」
4サイクルエンジンオイルの中でもたくさん種類があり、基本的には規格というのがあり、種類も・SAE(米国自動車技術者協会)・・粘度の分類 ・API(米国石油協会)・・・・・・グレードの基準 ・CCMC・・・・等々たくさんあります。
安いオイルもあれば高いオイルもあります。
昔は「安いオイルでもいいからこまめに交換した方がいいよ」とか「高いオイルを入れて長い距離を乗った方が安くつく」とか人によって様々な意見が・・・。

私は経験上良いオイルを早めに交換するのが一番だと思います。
というのは、エンジンオイルの消費期間というかエンジン内部を洗浄したり気密性を保持したりする効果が持続する期間は3~6ヶ月位なんです。
極端に言うとオイル交換後全く走らなかったとしても6ヶ月目には交換した方がよいという事です。

良いオイルはエンジン内部の洗浄力も良いので汚れにくい。
潤滑能力も高いので摩擦が少ない。
緩衝能力も高いのでエンジン音が静か。
という事ですね。

当然安いオイルにはそのような能力は期待できないのでいくら交換時期を早くしたとしても能力が上がる事はないですよねぇ。

最近のエンジンは一昔前のエンジンと違いエンジン内部のクリアランスは非常に小さくなっているのでオイルが切れると焼き付きを起こしやすいんです。
だから余計にエンジンオイルの交換というのは大事になってくるんですよね。

あなたはどのようなオイルをどれ位の間隔で交換していますか?

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/11-0382d323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。