オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにムッ!としました。



先日、デジタルメータの不具合で入庫したクラウンマジェスタの修理中の出来事。



クラウンマジェスタのデジタルメータから煙が出てきて表示しなくなったとの事で入庫しました。

調べてみるとデジタルメータの裏の基盤に焦げた跡が・・・。
これは交換しないと直らないなとの事で部品代を調べてみると、なっなんと!!20万以上してしまいます。
良く故障するとは聞いていましたが、こんなにも高いとは・・・。
中古品を使用すると云う手もありますが、中古品だと良く故障する部品という事もあり、交換後又故障したと云う事もあり得る為今回は専門業者に依頼する事に。

問題はそことのやりとりで起こりました。
一度部品を送る前に故障した症状と現物の状態を詳細に伝え、大体の見積を頂いた。
まぁ、大体なので少しお見積金額よりもオーバーする事もあるか!と思っていたんですが、○○円以上は掛かりませんよとの返事。
じゃぁ、送りますので宜しくお願いしますと依頼し修理が出来上がるのを待っていると通常の修理では
直らないので日にちをくださいとの事。

現物を確認しているので再度修理金額を確認すると前回と同じで○○以上は掛かりませんとの事でひと安心。
少し日数は掛かるがお客様の事を思えば交換するよりも修理した方がかなり安くなるので、お願いした。
数日後、修理されたメータが届き早速現車に取り付けて各部を点検。。。。とその時!またもやメータから煙が・・・・!!!なんやなんや???

こういう場合車輌側に問題があるといけないので車輌側も点検。さすがに何も問題なし。
というのはメータ全体が表示しないのではなく、一部分だけ不具合が出ている事を考えると確率的に
メータ異常の場合が多い。

修理業者にその旨を伝えると「カプラーの差し違えではないのか?交換の仕方が間違ってないか?」
との返事。
おいおい!あんた!メータの専門業者ならこのメータにどの様にしたらカプラーの差し違えが出来るのか?交換方法で、もし間違った方法で交換したとしてどうしたらメータから煙が出てくるのか?分かるはず。
カプラーはそれぞれ違う形なので無理にはめようとしてもとてもはめられる形ではない。
それどころか、修理出来てないのではないか?と云うような質問をするとそんな事は絶対にない
っと。
あくまでも交換ミスかカプラーのつなぎ間違いを再三言う。
とりあえず、そんな事を言い合いしても始まらないのでもう一度送るから見てくれとの事で発送した。

それから数日経つが、いつ頃出来上がるとか、どの様な状態だったとかの返事は一切無し。
しびれを切らせてこちらから連絡すると「あれ?まだ届いてないですか?ひょっとすると今日の昼から届くんじゃないですか?」との返事。あきれてものも言えない。。。
分かりましたと伝えとりあえずどの様な状態でしたか?と聞くと送った箱の中に説明書きを入れといたのでそれを見てくれとの事。

そうこうしているうちに品物が到着、開けて説明書を見てみるとびっくり!
それがこちら↓
オンボードデジタルサービス

基盤が外れていたぁ~??
完全に修理ミスやん!!
それも、送料負担って、修理ミスがなかったら送料払わんでよかったんやん。
お客さんにもこんなに待ってもらわなくても良かったのにぃ~~。
今回のお客さんが従姉妹だったので融通を聞いてもらいましたが・・・・。

自分のミスで相手から金額を請求するって・・・。信じられん。こんな考えは関西人特有なんでしょうか?

ここには2度と依頼しない。と思いつつ反面教師で自分を見返そうと思った一日でした。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/113-04ce264e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。