オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新工場完成!!



新工場がやっと完成致しました!!
全貌はこちら



長らくお待たせ致しました。
先日からお知らせしておりました新工場が完成致しましたのでご報告させて頂きます。
細かい部分はまだまだ手を入れないといけないのですが、ほぼ終わりましたので全貌をご覧ください。

会社外観はほぼ変わらずで新工場に看板を取り付けた位です。
会社外観 (6)

以前使用しておりました車検ラインは従業員用の駐車場として使用致します。
従業員用駐車場

新しい車検ラインはこちら

車検ライン正面
↑車検ラインを正面から見たところ
車検ラインサイドスリップ・BSテスター
↑サイドスリップテスターとブレーキスピードテスターです。
タイヤのすべり率を計ったり、スピードメーターの誤差やブレーキテストが出来ます。
(写真はフロントブレーキのテストを終えて前進するところ)

車検ラインドライブオンリフト

今度はリフトに乗せ、車輌の下廻りや足廻りを点検します。
ヘッドライトテスター (3)

最後はヘッドライトの光軸調整。
この間に排気ガスのテストも同時に行います。

これは陸運事務所の検査ラインと同じように配置しております。
このスペースでは車検時の受入点検やタイヤ交換、オイル交換等が行えるようにドライブオンリフトの左側にはタイヤチェンジャーやタイヤバランサーを完備しております。
まだまだスペースがありますので作業台やエンジンオイル、オートマチックオイル、車検で良く使用する部品等を保管しタイヤ交換やオイル交換、車検などにも迅速に対応出来るようにしております。

2柱リフト

車検ライン右側にあるのが2柱リフト
2柱リフトは2機完備しており作業効率もよく安全に作業が出来ます。
2柱リフト 1号機

1号リフト
2柱リフト 2号機

2号リフト
完成検査スペース

完成検査スペース
(車輌は2台程度伸すペースです)
車輌保管スペース

工場内突き当たりの休憩室下部分は車輌保管スペースとしております。
軽自動車なら8台くらい駐車出来ます。
塗装ブーススペース

工場内右奥には塗装ブースの為のスペースを設け、下には水を張り塗料が飛散しないようにしました。
ブースの設置はもう少し後になりそうです。
鈑金スペース

塗装スペースの左奥には鈑金スペースを設けました。
ここで鈑金した後塗装ブースに移動し鈑金作業完成という流れになります。
電気廻り点検用ミラー

2階に上がる途中に車輌のウィンカーやヘッドライトの点滅、ストップランプが作動しているか確認する為のミラーを設けました。
2階休憩室 (1)
2階休憩室

2階休憩室は主に従業員の憩いの場所として使用するつもりです。
その隣のスペースには部品庫としてスペースを設けました。

部品保管スペース
ここには部品棚を設置し中古部品やタイヤアルミホイール等を保管する予定。

今まで女性のお客様には大変ご不便をお掛けしておりましたトイレですが、今回の改築に伴いトイレも一新致しました。
以前の簡易水洗トイレではなく、男性用、女性用を分けて設置致しました。
トイレ外観
トイレ外観
トイレ女性用
女性用
トイレ男性用
男性用

新しく変貌した新生オートライフ・ジャンプを是非これからも宜しくお願い致します。


スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/119-55c375c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。