オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無我 ワールドプロレス 代表 藤波辰彌
先日久しぶりに藤波さんから手紙が来ました。




↓こちら




開けてみると・・・・

やはり、チケットが・・・・。
Image002.jpg

今回は大阪府立体育館で行うとの事。
先日までは大阪プロレス(沖縄プロレス)の会場を借りていたのが大阪府立体育館で
行いようになったのか。
最近格闘技は人気が高いが、プロレスはというとそんなに人気のあるスポーツではない
ので財政的にきついと思うし、何せこの不景気が重なって一層きついと思う。

私も、余力があれば出来る限りの応援はしたいと思いますが、皆さんと同じでなかなか難しいもんがあります。

でも、今までと少し違うのが補足で長州力と初代タイガーマスク(佐山悟)も参加!と有ったので少し団体の状況も持ち直してきたのかと思った。


私が高校生の時、初代タイガーマスクにあこがれて新日本プロレスへに入りたくて自分なりに練習し、
聴く音楽といえば洋楽に混じって「IWGP」のレコードだったり、見る写真集といえばタイガーマスクの写真集しか見ていなかった。(たまにエロいのも見たが・・・)

私にとって佐山悟という人物は新日本プロレスの中でもあこがれの的の人。
今回の試合はとても楽しみにしている。

余談だが、私の息子は今総合格闘技にはまって練習に勤しんでいるが、そのきっかけも私のタイガーマスク好きかららしい。
アイソトープの金沢社長から紹介して頂いたところへ週に数回通っている。
その息子に今回のチケットを見せると獣のような歓喜の声で「絶対いく~!!!」と叫んでいた。
親子で楽しんで来ようと思っている。





スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/150-ff12297f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。