オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハジョグリフレッシュシリーズ 第3弾!!
今回はエンジンの分解です。

↓ポッチリ


さてさて、早速エンジンを脱着していきましょう。

脱着したエンジンは汚れが酷いので綺麗に洗浄してから作業します。
エンジン洗浄前
↑洗浄前のエンジンはこの通りドロドロです。

スチーム洗浄機にて洗浄しちゃいます!!
エンジン洗浄後
どう?綺麗になったでしょ?


次はやっとエンジン本体の分解と行きたい所ですが、それにはまず準備が必要です。

このエンジンは横向きのエンジンなのでピストンが横向きになっています。←当たり前ですが・・。
そこで、エンジンを立ててピストンが縦方向になるようにします。
これは出来るだけシリンダーとピストンのあたりを良くする為立てて作業します。
エンジン直立
↑こんな感じ。

さて、ここからまずプラグを脱着します。
プラグの脱着が終わればシリンダヘッドの脱着です。
旧シリンダー
シリンダーヘッドを取るとこんな感じ。
取り外したシリンダーヘッドはこんな状態。

シリンダーヘッド
結構スラッジで汚れてるね。
このシリンダーヘッドは再利用するので綺麗に洗浄しておきます。

さて次はシリンダーの取り外しですが、シリンダーに少し衝撃を与えながら上に持ち上げると
スルッと抜けます。

シリンダー脱着
♪出~た~出~た~ピ~ス~トン♪
♪まあるい、まあるいまん丸い~♪
このままピストンも外しましょう!
ピストンピン横のサークリップを外し、ピンをスライドさせて抜いてしまうとピストンが外れます。
ここから先は今までの作業の逆のやり方でエンジンを組み立てます。

組立が終わったら次はキャブレターですが、それは次回に・・・。
今回はここまででは再見!

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/174-58357f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。