オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点検整備の大事さ。

日頃から点検をしておかないと余計にお金が掛かります。
こちら






今回は「ブレーキ」です。
通常、認証や指定の国から認可を戴いている整備工場で点検をしていると安心ですが、
それ以外のところで車の整備を任せると大変な事に繋がる事もあります。

良くあるのがガソリンスタンド(全部とは言いませんが・・・)です。
よく言われるのが、「燃料の水抜き剤」。 といっても水は抜いてくれません。
燃料には元々多少ですが水分が含まれています。だから少々混じっても何の問題もありません。
特に気にする事はないんですよ。

そこに言われるがままに水抜き剤を入れてしまうとエンジン不調になったりします。
水抜き剤にもよるでしょうが、燃料系統を目詰まりを起こしたり、燃焼障害を起こしたりします。

それ以外ですと、サイドブレーキのランプがチカチカ点滅するので、燃料補給の時にスタッフに尋ねると
「ブレーキオイルが減ってますよ!」って言われて補充しときましょうか?との事で補充して貰った。
これ!間違いです!大変な事になります。

まず、サイドブレーキランプがチカチカ点滅し出したらブレーキ関係の警告なんです。
確かにエンジンルームを見るとブレーキオイルの液面が低く、それによってランプがチカチカしている
んですが、これは「ブレーキパッドが減ってますよ!」という警告です。
ブレーキパッドが無くなった分だけブレーキオイルがブレーキパッドを押している「ブレーキキャリパー」
と言う所に移動しただけで減っているのではありません。

そういう状態になったら整備工場へ持ち込んでその状況を詳しく説明しましょう!
そうすると「ブレーキパッドの残量が減っていますのですぐに交換しましょう」と言われるでしょう。

そのままブレーキオイルを補充して走行していると確かにランプは消えますが・・・。
やがてブレーキパッドはこうなります。

CIMG0479.jpg
これはパッド部分が無くなり、ベースの鉄板が剥き出しになりディスクプレートをベースの
鉄で抑えてしまった状態です。
こうなるとディスクプレートもこのパッドと同じようにグチャグチャになり、使用出来ません。

今回の入庫車両は幸いにも削れている量が少なかったのでプレートを研磨して再使用する事が出来ましたが、
削れ方が酷いとディスクを交換することになり、通常の費用よりも3万円~5万円位余分に掛かります。

今回は研磨6000円(税込)と脱着費用だけで済みましたが・・・。
CIMG0478.jpg
研磨後のディスク

このあとはブレーキパッドが新品になりキャリパーに移動していたブレーキオイルも
ブレーキタンクに戻りますが、ここでオイルを補充している場合はタンクからオイルが溢れてきますので
その点検も大事な所です。
フロントディスクパッドも新品に近い事からブレーキオイルはほぼMAXラインに合わせると共に、
ブレーキオイルの劣化テストも行います。今回はオイルの劣化も無かったのでそのまま作業終了です。

日頃の点検大事ですね!点検は信頼出来る整備工場で!


スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/208-487eab29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。