オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面会。
私が子供の頃凄くお世話になった親戚のおばあちゃんに会いに行きました。


仕事中と云う事もあり長居は出来ませんでしたが、片道1時間強の道のり。

住所や電話番号を聞いていたのでナビに入力しいざ出発。
阪南市の箱作から山側に少し行った所らしい。

私は胸にICDの除細動装置を埋め込みしている為運転出来ないので助手席に同乗して向かいました。

途中非常に心地よかったのか少し寝てしまったみたい・・・。

何故か到着直前にちゃっかり起き出してあたかも今まで起きてました光線を出しましたが、
「寝てたやろ!?」と鋭い突っ込み
そうこうしているうちに目的地に近づいて来ると、どこかで見たような建物が・・・。

あれ?あの建物前に来た事あるぞ!?まさか?
ナビゲーションから「到着しました!」の声が。

ええっ~?ここは前に宴会で来た所やん?
そこは「サンヒル都」というところ。

CIMG0622.jpg

CIMG0621.jpg
現在は長期滞在型の宿泊施設としても営業していたんです。(以前から?)
隣にはデイサービスの建物や病院まで併設していてかなり充実してました。

駐車場に車を入れる時に前を見るとよく見たおばあさんが・・・。
あれ?おばちゃん違う?  偶然にも入口で逢える事が出来ました。
思わず車の窓から「おばちゃん!!おばちゃん!!」(おばあちゃんだが小さい頃からの呼び方なので)

気持ちよく手を振ってくれました。 が!何事もなかったかのように建物へ入っていきました。
あれ?気がついてないんちゃう?
あわてて追いかける。

「おばちゃん」と大きめの声で呼んでみた。まだ気づかない
横まで行って大きな声で呼び止めるとやっと気が付いたみたいで、
私達が来た事にビックリして凄く喜んでくれました。

逢ってみると元気そうですっごく嬉しかった。
私達が来たのが本当に嬉しかったのか、少しテンションが高くて、何度も遠い所ありがとう、
ありがとうって・・・。ちょっと涙が出そうになった。

記念に元気な所を撮りました。
CIMG0623.jpg
おばあちゃんと私の母。

CIMG0625.jpg
私と妻と一緒に。

今回は非常にプライベートな内容となってしまいましたが、このおばあちゃんは本当に
色々な事があり、複雑な家庭環境だったので、一緒に住めるものならと思った事もありましたが
今は凄く優しい孫娘のまゆみちゃんがここの費用を負担してくれているそうです。
毎月、遠い所ながら4回位来てくれるそうで、そんな話を聞いてるのが嬉しかった。

我々が帰る時は今まで押していた乳母車も忘れて、普通に歩いて見送りに来てくれて、
ヘルパーさんが「1人で歩いてるやん」とビックリしていた程。

とっても嬉しかったんやと思います。乳母車も忘れて歩いてくるなんて・・・・。
帰りは凄く切なくなって、「又来るからね!」と手を振って帰ってきました。

3人とも目に涙が・・・。

又会いに行こうと思います。



ちなみに今回は素顔で出演です。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/224-aa7e5375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。