オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんまかいなぁ~。



トリニダード・トバゴで・・・。
map.gif




トリニダード・トバゴってどんなとこ?
 ↓こんなところ
from_far.jpg

メッチャ綺麗なとこやん?

実はここでとんでもない事が起こってた


「女子生徒17人に悪魔が憑依? 学校で突然意味不明な言葉&奇妙な行動。」と題しての現地ニュース。

以下転載記事


先日、カリブ海の国トリニダード・トバゴにある学校で、女子生徒17人の意識が突然混濁した状態に陥るという不可解な事件が起きた。生徒たちは意味不明の言葉を発すると共に異常に力が強くなり、学校側は教会から神父を呼んでお祓いをした上で病院へ搬送。幸い身体的に深刻な状態の生徒はいなかったようだが、その様子を目の当たりにしたほかの生徒の間では「悪魔が憑依した」と囁かれているという。

地元紙トリニダード・トバゴ・ガーディアンや英紙デイリー・メール、米放送局FOXなどによると、この事件が発生したのは11月10日のこと。学校のランチタイムに突然、頭痛と吐き気を訴えた女子生徒17人が奇妙な行動を取り始めた。床の上をゴロゴロと転がったり、口から奇妙な音を発したりするといった常軌を逸したその姿に、周囲はパニックになったという。目撃した男子生徒は「心配していると、女の子たちの目が回り始め、床に体を打ちつけた」と当時の状況を語り、中には手すりを越えて身を投げようとする女子生徒も2人いたそうだ。  

そこで教師と生徒たちが協力して、暴れる女子生徒らの一部を学校の多目的ホールへと連れて行き拘束。このときも女子生徒らは「shebbaberbebeb shhhhee」という意味不明な音を出し、奇妙な言葉で独り言を発していたという。また、女子生徒の力が異常に強くなり、拘束しようとした教師や生徒たちは顔などを蹴られ「多くがアザを作った」ほどだった。

トリニダード・トバゴ・ガーディアン紙には、このとき女子生徒の1人と会話をした男子生徒の話が紹介されている。当時、彼は女子生徒に対して「何が望みなんだ」とたずねたところ、女子生徒は「命が欲しい」と口にしたという。この時点で教師は彼女たちに悪魔が乗り移ったと考え、救急車のほかにカトリック教会から数人の神父を呼び寄せた。

駆けつけた神父は女子生徒たちに聖水を振りかけ、拘束を手伝った生徒らと共に祈りを捧げ、その間に救急隊は学校内の調査を開始。女子生徒たちの異常が環境的要因によるものでないか、いくつか試験を行った。

結局、女子生徒らは病院に搬送されるもすぐに家に帰され、大事には至らなかった。また、調査を行った救急隊のメンバーは、女子生徒たちに異変を来すような要因が「何もなかった」(英紙デイリー・メールより)と語っている。

女子生徒たちの身に起きた奇妙な事件、一部の学校関係者には、今回の一件が“悪魔の仕業”だと思うに至るさまざまな理由があるようだ。ある教師の1人はトリニダード・トバゴ・ガーディアン紙に対し、2週間前に地元の古代宗教信仰者と学校側にトラブルがあったことを告白。また、ほかのある教師は「この学校は墓地だった場所に建てられている」と話したそうだが、これは学校周辺の住民が否定している。

いずれにしても、17人もの生徒が一斉に奇行に出た原因はまだ分かっていない。そのため、しっかりしなくてはいけない教師たちにも動揺が広がっているようだ。


何とも奇妙な事だが、私もこれほどでもないが霊体験はたくさんある。

霊障が大変で、その時から霊感が強くなりココでは書けないような事が続き、大変な時期もあった。
現在でも毎月1日と15日には酒で清める事を欠かしていない。
それと、嫌な気が漂う所へは絶対行かないようにしている。
皆さんも気を付けて下さいね。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/239-5f79e7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。