オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プジョー206修理で入庫


燃料を入れるとスグに減るのと、ウィンカーが右だけ
勝手に作動するという事で入庫されました。






入庫後車両確認。
確かにウィンカーが右だけ点滅している。
と云う事でウィンカーレバーを脱着。
(ディーラーではこの部品ごと交換される)
CIMG0876.jpg   CIMG0877.jpg

このウィンカーレバーを分解していきます。って分解した画像を撮るのを忘れてしまいました
分解すると接点のプレートが固定されている足が外れていてプレートごとズレて隣のプレートと接触して
点きっぱなしになっていた感じです。
プレートをしっかり固定して組み付けて終了。
車両に取付作動確認。異常なし。

これでひとつ終わり。
次は燃料が減るとの事でリコール情報を確認するとリコールでよく似た症状が出ていたのでディーラーに確認
するが、この車両はリコール対象外とのこと。

ファイバースコープという工具(下記画像参照)で燃料タンク上部を確認。
450x600-2010112600004.jpg 600x550-2010112600003.jpg 600x310-2010112600005.jpg

胃カメラで使うあのカメラですよ!
このカメラで確認すると燃料タンク上部から洩れている様子なので、リヤシートを脱着し、燃料ポンプの
カバーのリベットを取り去り、フューエルポンプ分を確認した。

部品図ではこの部分 4番の部品。

CIMG0885.jpg

CIMG0878.jpg
リヤシートを外した所。
CIMG0879.jpg
燃料タンク部分画像
CIMG0880.jpg
拡大画像。
よく見ると右下の黒いリングが割れているのが分かりますか?
このリングはポンプを締め付けている大きなネジのようなものなのでこれが割れると隙間が空いて
その隙間から燃料が洩れていたんですね。
只今この部品を注文中で交換して作業終了となります。

ウィンカーの修理代は当社にて車両購入頂いているお客様なので通常よりお安く修理しました。
(メンテナンスも全て当社でされている場合はこれくらいならサービスするんですが・・・)

気になったのがサイドエアバッグの警告灯が点灯しているので、修理終了後に故障診断機にて診断して
全て終了です。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/245-58fd6735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。