オートライフ・ジャンプ ジャンプのつぶやき
感じた事をそのままに・・・。日常の気になる事をいろいろカキコします
プロフィール

ジャンプ

Author:ジャンプ
オートライフ・ジャンプのジャンプです。
1964年5月生まれ。体重は約0.1トン級。
大阪生まれ。小さい頃より整備士を目指し、小学校の卒業文集にも整備士になりたいと決めていた位の車好き。
整備の専門学校卒業後、自動車ディーラーへ整備士として入社しその後営業職へ・・・。退職後はプロ保険代理店となるも、2年後には自動車修理業も営み、現在は自動車販売・修理・板金業と車に関する事ならすべて自社で行えるようになる。
輸入車の修理にも力を入れ、日々勉強の毎日である。
子供のようなおっさんである。っていうか子供?






マイ・オークションをごらんください
マイヤフーオークションをご覧ください。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ボキャブラリー辞典


星占い


FC2カウンター

吉田 松陰(1830~1859) 夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に 成功なし。故に、夢なき者に成功なし


ジャンプの大好きな格言

吉田 松陰(1830~1859)
・夢なき者に理想なし、
 理想なき者に計画なし、
 計画なき者に実行なし、
 実行なき者に成功なし。
 故に、夢なき者に成功なし。

☆日本の江戸時代後期、幕末期の思想家、教育者、兵学者。明治維新の事実上の精神的理論者である。長州生まれ。9歳で明倫館に上り、学を講じ、11歳にして藩主毛利敬親の御前で山鹿流兵学を講義し、藩校明倫館の兵学教授として出仕する。平戸に遊学後、江戸に出て佐久間象山らに学ぶ。幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと激しくこれを非難、老中の間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して松陰を投獄した。生家で預かりの身となるが、叔父の玉木文之進が開いていた私塾松下村塾を引き受けて主宰者となり、木戸孝允、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠等維新の指導者となる人材を教える。安政6年(1859年)幕府は安政の大獄により江戸伝馬町の獄において斬首刑とした。享年29歳。


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて思う、恐るべしインターネット
数年前にクイックサンというメーカーのテレビを買ったんですが・・・。

↓ほれほれ!



クイックサン?
「Quixun」という商品名。
株式会社クイックサンと云う所が製造していたテレビ。

買って暫くして電源の調子がおかしくなった。(やっぱり名前の通っていないメーカーはこれかぁ)
早速サポートセンターへ連絡した。
直ぐに商品を送って欲しいとの事で送り返した。

メーカーでは症状が再現出来なかったとの事で基盤を交換したらしい。
やっとの事でテレビが戻ってきた。が、症状は改善されていない。
全く直っていない。

もう一度連絡した。時期は年末。修理完了は年越しになるという。
年末年始にテレビがないというのは余りにも辛いのでその旨伝えると代替え機を送りますとの事。

数日後代替え機が届いたが27インチの小さいタイプで・・・なんじゃこら?
まぁ、無いよりマシかぁ。と納得しかけたがやっぱり同じ大きさでないと折角買ったんやから
と云う事で違う代替え機を送ってもらえないかと伝えたが今すぐにはないのでと云うので
じゃぁ用意出来るまで待っておきます。と伝えそれから1年半が過ぎました。

余りにも遅いので連絡すると連絡がつかない・・・。やばいぞ!
ホームページを見ると社名変更の告知が・・・。
気になってクイックサンという会社を調べてみた。

全くの素人がインターネットを使ってどこまで調べられるのかちょっと興味も有ったのでやってみた。

面白い事に色々な事が分かってきた。
自分なりにメモを書いたので下記画像を参照して下さい。
CIMG1188.jpg

このクイックサンという会社はラットコムという会社名に変更。(電話番号は記載無し)
そのラットコムのドメインは(株)安達運送が取っている。
社長は安達寛高氏。
1082Face.jpg


株式会社カデンダの社長も兼ねている。しかも安達寛高という人間は
国立音楽大学音楽部声楽学科卒業で東京交響楽団評議員もしているらしい。
貴方は今どこに?

クイックサンプロダクツという会社が小型のテレビ事業を引き継いでいるが全く違う会社とのことで
クレームは一切引き受けないとの事。
クイックサンプロダクツも連絡先を探していると言うが怪しい感じが否めない。(個人意見)

ここまでが調べた結果です。時間もないのでこれ以上は辞めました。

結局は破綻と同じ状態ではないか!
クレームが来そうな部門は切り捨てて、それ以外の儲かりそうな部門は違う会社が引き継ぐ(形にする?)。
引き継いだ会社は同系列かどうかは定かではない。

結局は一流メーカーでも専門外に進出して事業をして思わしくなくなった場合は別会社に委託し、
対応しない事も多いし、しかも供給部品の対応年数が数年という場合もある。

余りにも消費者をこけにしている。でもこれが現実かぁ。力のない者は泣き寝入り?悔しいなぁ。


スポンサーサイト
この記事に対するコメント

計画倒産ってやつですね。
ここのメーカの商品買ったけど、
同じ目にあってます。
許せないですね。
【2011/02/06 22:16】 URL | ゆきこ #- [ 編集]

Re: タイトルなし
いっつも損をするのは消費者。
何かこんな社長が悠々とオペラを歌ってると思うと
悲しくなる。
【2011/02/10 14:29】 URL | ジャンプ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aljump2000.blog90.fc2.com/tb.php/282-849cebae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。